たるみのリフトアップ|アンチエイジング効果の高い美容施術~若々しい見た目を得る方法~

たるみのリフトアップ

鏡を見る婦人

効果が高いフェイスリフト

美容整形手術をすれば、年齢と共に深刻になってくる顔やフェイスラインのたるみのリフトアップができます。フェイスリフト手術は、顔全体やフェイスライン、ネックラインなどのたるみをリフトアップする外科手術です。たるんでいる皮膚を切り取るので、アンチエイジング系のプチ整形をしても解消されないほど深刻なたるみに一番効果があります。昔はフェイスリフトというと、表面の皮膚を引っ張るだけでした。しかし、今はSMAS筋という筋肉も一緒に引っ張るフェイスリフト手術が定番になりつつあります。表面の皮膚だけリフトアップしても元に戻る確率が高くなります。しかし、皮膚を支えているSMAS筋も同時にリフトアップすることで、効果が長持ちします。また、従来のフェイスリフトよりも切開範囲が少なく、ダウンタイムも短くなっています。フェイスリフトは顔全体のリフトアップができますが、たるんでいる部分をピンポイントでリフトアップする外科手術もあります。こめかみから頬にかけてリフトアップする手術がミニリフトです。目の下のたるみやまぶたのたるみにはアイリフトがあります。アイリフトは目元の老化だけ解消したい場合に効果的です。ポニーテールをしているようにこめかみを引っ張るポニーテールリフトや、フェイスラインから首にかけてのしわを取るネックリフトという手術もあります。いずれもフルフェイスのフェイスリフト手術よりも切開する範囲が小さく、手術後に後遺症が残る確率や傷跡が残るリスク等が少なくなります。

手術以外の方法

フェイスリフトのような外科手術は最終手段です。今はアンチエイジング系のプチ整形が沢山あるので、プチ整形をいろいろ試してからフェイスリフトにたどりつくのが一般的です。注射式のアンチエイジング治療がヒアルロン酸注入です。ヒアルロン酸注入は深いたるみに効果があります。特に口もとに出来るほうれい線の解消に使われていて、即効性があるのでその日のうちに若返ります。ボトックス注射もアンチエイジング系のプチ整形の定番です。ボトックス注射は表情筋の働きで出来る目じりなどの細かいシワに効果があります。ボトックスも、ヒアルロン酸注入と同じようにすぐに効果があります。ダウンタイムがなく、切開する外科手術のように大きな後遺症が出るリスクも皆無です。マシン系のプチ整形には、サーマクール、ウルセラ、タイタンなどがあります。マシンを使って行う整形は、エステ感覚で気軽にできるので人気があります。光線や高周波を肌に照射するだけなので、出血はなく、施術中はじんわりと顔が温かくなる程度です。ただ、注射式プチ整形のような即効性はなく、ゆるやかにリフトアップしていくのが特徴です。劇的に若返るわけではないですが、急激に効果が出ない分、身体にかかる負担が少ないというメリットがあります。コラーゲンを活性化させて自分自身の肌の再生能力を生かしてリフトアップするので、ナチュラルに肌が若返ります。顔のリフトアップとフェイスラインの引き締め効果があるので、たるみがなくなって小顔になります。